フランスより、エッフェル塔建設で知られるギュスターヴ・エッフェルとその子孫の活動をお伝えします。

タグ: 展覧会 Page 1 of 2

タリンテレビ塔にて展覧会が始まります

昨年の7月より今年の1月までエッフェル塔中庭にて開催された私達の展覧会、EXPOSITION:Eiffel – Toujours plus haut(エッフェル、より高く展)が4月18日よりエストニア:タリンテレビ搭(Tallinn TV Tower)にて開催されます。

私の方では展示するパネルなどをエストニア語、フィンランド語に変換する作業は行ったのですが、どのようにタワー内に展示されるのか?など全く予想がつかず。

ちょうど子供達の春休みが重なったので、オープニングセレモニーに家族で伺う予定にしております。

エッフェル塔での展覧会開催時から自国での開催を申し出てくれ、とても楽しみにしてくれているタリンテレビ搭の皆さんに会えるのも楽しみです。

日本からも遠く、なかなか縁のない国、エストニア。

エストニアにはギュスターヴが製作した灯台があるそう。見学しにいけるかな?どんな出会いが待っているか楽しみにレポートさせていただきますね。

日テレNEWSさんに取材いただきました

日テレNEWSさんに私達の展覧会や活動の記事が掲載されました。展覧会会場や、墓地でのセレモニーなどに足を運んでいただき、熱心に取材してくださいました。

ぜひご一読ください!

私達家族の紹介だけでなく、エッフェルの功績や生み出した技法など、詳しく書いていただいてありがたいです。

ありがとうございます。

記事はこちらから

Le Parisien 2024/01/25掲載

先日のルヴァロワ市での展覧会オープニング、そして、ギュスターヴ没後100年に関する記事が新聞Le Parisienに掲載されました。

ルヴァロワ=ペレ市にて展覧会開催

1月23日より、パリのお隣にあるルヴァロワ=ペレ市にてギュスターヴ・エッフェルを題材とした展覧会、「Sur les pas de Monsieur EIFFEL de Levallois à Paris(エッフェル氏の足跡をたどって ルヴァロワからパリへ展)」が始まります。前日に行われたヴェルニサージュにて一足早く拝見してきました!

エッフェル塔展覧会がとうとう最終日に。そしてこれからの展開

2023年7月11日からエッフェル塔内中庭にて開催されていた私達の展覧会:EIFFEL, Toujours plus haut(エッフェル、常により高く展)がとうとう明日にて終了致します。

まずはこの展覧会をご覧いただきましたすべての皆様にお礼を申し上げます。展覧会の構想を主人と立ち上げてから約2年。展覧会製作の経験などしたこともない私達が、実現可能かもわからないまま動き始めたのがつい先日の事のようです。沢山のエッフェル塔来場者、そして皆様にご覧いただけた事、大変感謝しております。ありがとうございました。

そして、エッフェル塔での展覧会を終えた後の今後の展開ですが・・・

オルセー美術館にてエッフェル展

ゴッホ展で盛り上がるオルセー美術館ですが、実はギュスターヴ・エッフェルについての展覧会も同じくオルセー内で始まりました。

France 24にてルポタージュが放送

フランスの国際ニュース専門チャンネルFrance 24にて展覧会のルポタージュが放送されました。France 24は、フランス政府が「フランス的な価値観を世界に伝える」ために構想され、現在、フランス語、英語、アラブ語で放送されており、近い将来スペイン語の放送も始まるそうです。

ガイドツアーを行いました!

エッフェル塔内中庭で続行中の、ギュターヴ・エッフェル没後100年を記念した展覧会 EIFFEL -Toujours plus haut (エッフェル、常にさらに高く)ですが、この度キュレーターを務める主人サバンがガイドを務めてのツアーを行いました。

カタログ発売!

展覧会のカタログが出来上がりました!

イタリアからや~っと届きました。途中、空港で荷物がブロックされてしまったりして、なかなか到着までに時間がかかってしまったのですが😅・・・イタリアの印刷屋さんは紙の種類やフォーマットの選択肢も沢山あるし、なんせ印刷が綺麗。

我が家では、いつもこれ!という印刷物はイタリアで印刷してもらっています。

シテ建築遺産博物館にて「Le Paris de Gustave Eiffel」展

エッフェル塔中庭にて私達の展覧会 EIFFEL -Toujours plus haut は続行中ですが、セーヌ川を挟んでお隣のトロカデロ・シャイヨ宮内シテ建築遺産博物館(Cité de l’architecture et du patrimoine)にてもギュスターヴ・エッフェルに関する展覧会が行われていますので、ご紹介します。

Page 1 of 2

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén